アクティブ

~サカタ交配/サカタのタネ~

萎凋病に強い、剣葉の晩抽性品種

≪特性≫

●フザリウム菌による萎凋病に強く、べと病のR-1R-3に抵抗性をもつ剣葉の一代交配品種。

●浅い欠刻のある広葉で、食味もよい。

●生育はややおそく、とくに低温期はじっくり生育する。立性で葉身と葉柄のバランスがよく、株張りのよい多収品種。

●抽だいは安定しており、萎凋病にも強いため、春~夏の栽培にとくに適する。また、大面積の越冬栽培にも適している。

≪栽培のポイント≫

●圃場

良品生産のためには、良質の完熟堆肥の施用と深耕を行うことが必要。土壌酸度はpH6.5前後が最適。pH7以上では、微量要素欠乏が発生する場合もあるので、定期的に土壌分析を行うことが望ましい。

●肥料

春まき栽培の場合、10a当たり成分量で、窒素1015kg、リン酸1518kg、カリ10kg、夏まき栽培では、それぞれ810kg12kg8kg、越冬栽培では、それぞれ2025kg25kg20kgを標準に元肥主体とする。雨よけハウスで連作する場合は、2作目からは施肥量を半分以下に減らし、高ECによる生育の不ぞろいを防ぐ。

●播種

10a当たりの播種量は、高温期で23L、低温期で34Lを標準とする。発芽適温は1520℃なので、高温期には催芽処理を行ってから播種する。PRIMAX種子を使えば、適湿な圃場では催芽なしでも一斉に発芽する。

栽植密度は条間1520cm、株間57cmを標準とするが、生育初期にやや密生させて生育を促し、本葉2枚展開時に適切な株間に間引くことにより、高温期でも良質なホウレンソウが収穫できる。

●収穫

春~夏にかけては、2528日で収穫期に達するため、適期に一斉収穫するよう心がける。

≪適作型≫ ※栽培の目安にご利用ください

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 ホウレンソウ 晩抽パルク サカタ交配 品目 ホウレンソウ 原産地 中央アジア 科・属名 アカザ科ホウレンソウ属 ホウレンソウ 晩抽パルクを買う 取り扱い販売店では次の単位で販売しています。 PRIMAXサイズ別種子 絵袋詰1L 絵袋詰1dL お近くの種苗店、ホームセンター、園芸店などのお取り扱い店でお求めください。 ※販売時期や品切れ、仕入れ状況により、ご購入できない場合やお取り扱いの無い場合もございます。ご了承ください。 このページを印刷する

¥300

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1