黄ごころ65

キゴコロ65

~タキイ種苗/タキイ交配~

生理障害に強い!品質良好な早生種!

《特性》

●根こぶ病、ウイルス病、軟腐病、べと病などに強く、さらに石灰欠乏症やゴマ症などの生理障害の発生も少ないので、栽培は容易。適期栽培では定植後60日前後で収穫できる早生種。

●外葉や球色は極めて濃緑で、球内色は濃黄色。品質はやわらかく風味があり、葉身部が多いため、浅漬けに最適。

●玉ぞろいがよいので、6玉の定数詰め出荷に最適。熟期が過ぎても、球内色の黄色の色落ちが遅いので、収穫期の幅が広い。

《栽培のポイント》

●極端な早まきは、病害の発生が懸念される。一方、遅まきは球頭のしまりが劣ったり小玉になるので、播種適期を守ることが大切。

●特に元肥の過剰施肥は、初期に外葉ができ過ぎるので見た目はよいが、根張りが劣る。すると生育後半に病害が発生したり、球形が長玉となったりする原因にもなるので、元肥は従来品種に比較して少なめにすること。

●葉色が濃いため肥料が効いているように見えやすいが、結球初期には追肥を施して肥切れしないようにする。生育後半に肥切れすると、玉肥大が劣るばかりでなく、球内色の黄色も鮮やかさに欠けるので注意。

●高温多雨や高温干ばつなどの不良条件が重なると、べと病・白さび病の発生が見られるので、薬剤散布は初期から定期的に、株元にしっかり掛かるようにすること。

《栽培適期表》※適期表は栽培の目安としてご利用ください。

¥370

  • 在庫切れ