きよすみ

キヨスミ   ~サカタ交配/サカタのタネ~

色つやのよい耐病性すぐれる中生品種

≪特性≫

●生育は緩やかな中生品種で在圃性にすぐれる。周年栽培もできるが、最も威力を発揮するのは春から初夏まき栽培。

●草姿は立性、葉は小さめで平滑な短楕円形。葉色は濃緑で光沢にすぐれる。

●葉軸の太さは中程度。よくしなるため折れにくく、食味にすぐれる。根の泥落ちもよく、収穫調整しやすい。

●萎黄病、白さび病耐病性をもち、栽培が容易。

≪栽培のポイント≫

●土づくり

完熟堆肥や有機質肥料の施用で、水はけよく、保水性に富む土壌環境をつくることが大切。「バイオ21」を利用したボカシ肥料やバイオエース、骨粉などの施用も効果的。高温期栽培では播種直前に未熟堆肥を施用すると立枯病や土壌害虫の発生要因となるので注意が必要。●肥料

10a当たり窒素成分量で7㎏、ハウス栽培では5㎏を標準とし、全量元肥とする。高温期栽培では施肥量を5割減らし、窒素過多による過繁茂や生理障害をさける。低温期栽培では施肥量を5割増やし生育を促す。

●播種

120150㎝くらいのベッド栽培で条間1520㎝、株間3~5㎝のスジまきとする。

●収穫

高温期では2530日、低温期栽培では4060日くらいで収穫できる。高温期栽培では収穫遅れにならないように、収穫労力に合わせた播種面積を計画する。高温時は予冷庫(1015℃)を利用して鮮度を保持する。荷姿は200300gくらいの結束か袋詰めが良い。

≪適作型≫ ※作型表は栽培の目安にご利用ください

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

¥300

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1