パッローネ

~トキタ種苗~

イタリア名:ズッキーナ・トンダ

作物名:丸ズッキーニ

球形で詰め物にぴったり!

料理の幅が広がること請け合い

≪来歴・調理≫

パッローネとはイタリア語でボール・気球の意味。ボールのように丸く仕上がり、イタリアでは肉詰めやサラダで食べられている。食感が軟らかく果肉が多いので、調理方法は様々。英名はズッキーニ。

≪特性≫

丸型で、ゴルフボールから野球ボールくらいで収穫。脇芽が多く出るので、その都度欠き取る。生育は早く旺盛。草姿はつるなしで節間が詰まる。丸い形を活かし、中に詰め物をしてオーブンで焼いたり、油でいためると香り豊かで美味。生食も可能なので、サラダでも使用可。

.≪栽培のポイント≫

●種まき

ポリポットに播種し、本葉34枚時に株間90cmで定植し、一方向に伸ばす。日の良く当たる肥沃な畑を選ぶ。時期をずらしてタネまきをしておくと長期間収穫を楽しめる。

●管理

元肥に堆肥3kg/1平方メートルとし、収穫開始後、月に1回程度蔓先に化成肥料を少量与える。初めの23花の雌花は、摘み取り、その後は人工授粉で確実に着果させる。穫り遅れせず、追肥、水やりを欠かさなければ長期間収穫が楽しめる。果実を大きくさせすぎると草勢が衰え、病害に罹りやすくなるので注意する。

.≪適作型≫ ※栽培の目安にご利用ください

¥280

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日1