バーニャカウダ

~トキタ種苗~

イタリア名:バーニャカウダ・ミスタ

作物名:バーニャカウダセット

ミニニンジンとミニダイコンのセット

バーニャカウダやスティックサラダで楽しんで

≪来歴・調理≫

バーニャカウダは、すりおろしニンニク、アンチョビ、バター、オリーヴ油で作ったソースを野菜につけて食べる北イタリア料理。それにピッタリのニンジン・ダイコンの根菜品種ミックス。播種後6070日で、色とりどりの根菜がバーニャカウダで楽しめる。

≪特性≫

ダイコン:播種後30日程度で収穫可能。ニンジン:播種後6070日程度で収穫可能。様々な形状、色のダイコン・ニンジンを一度に楽しめる。

≪栽培のポイント≫

●播種時期は春・秋蒔きが最適。酷暑期にあたる67月蒔き、厳寒期にあたる123月蒔きは根形が乱れる。

●根の生長を妨げる小石や未熟な堆肥の無い良く肥えた土に、すじ蒔きで条間10cm、株間1cm間隔に播種し、本葉が出始めたころ3cm間隔に間引きを行うと生育が揃う。プランターでも十分楽しめる。

●本葉が57枚程度になったら収穫可能。株元の太りを確認して収穫する。

●ニンジンセットを播種後、30日経過してからダイコンセットを播種すると、同時に収穫が楽しめる。プランターなどを半分ずつ使用するか、ニンジンが発芽した後、発芽していない場所にダイコンを播いても良い。

.

 

¥280

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日1