みとよ白肌

ミトヨシロハダ  ~サカタのタネ~

ス入りの遅い白肌で美しい早生タイプ、春秋まき兼用種

≪特性≫

●ス入り遅い、早太り早生タイプ。とくに肌のきめが細かく、白肌で美しい。肉質やわらかく繊維も少ない。

●生育日数は150日内外で、春秋まき兼用。抽だいはほとんど心配ない。

●根長は8090cm、首がよくしまり、総太りで肉づき良好。

●小葉で葉柄おとなしく、葉数はやや少なく、密植栽培できる。

≪栽培のポイント≫

耐水性が弱いので、排水がよく表土の深い地帯が適地。

●土壌酸度はpH6.57.5ぐらいがよく、酸性に弱い。ネマトーダをはじめ各種土壌病害虫対策が必要で、数年の輪作を要する。

●通常畝幅6070cmとし、種子は10aあたり点まきで1~1.2リットル、スジまきで2リットル程度必要。1昼夜浸漬してまくと発芽が良く揃う。

≪適作型≫ ※栽培の目安にご利用ください

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。

 

¥390

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1