京千舞

キョウセンマイ
~タキイ種苗/タキイ交配~

根こぶ病に強く、千枚漬けに最適の大カブ!

《特性》

●根こぶ病に安定して強く、生育旺盛で作りやすい。早太りでス入りの遅い大カブ専用品種。(根こぶ病には多くのレースがあり、未確認の一部のレースによっては、こぶの着く懸念があります。)

●肌は純白で美しい。肉質は緻密(ちみつ)で甘みに富み、繊維が少なく歯切れがよいので千枚漬に最適。

●「早生大蕪」に比べ、腰高で厚みのある玉に仕上がり、収量性にすぐれ秀品率が高い。9月上旬まきの栽培では、播種後約70日で根径12cm、根重1kg程度となり、さらに日を置けば2kg以上に太る。

《栽培のポイント》

●カブは本来、冷涼な気候を好むため、むやみな早まきをせず、立地条件に応じた播種適期をつかむことが大切。特に気温の高い8月まきでは、ウイルス病の防除のためにも、寒冷紗やサンサンネットで被覆し、株間もやや広めにすることが望ましい。

●大カブは生育後半に急速に肥大するため、追肥が遅れて肥料が遅効きすると玉の変形や割れにつながり、秀品率の低下を招くので、特に生育前半は順調な肥効を心掛けること。

●特に8月まきでは、軟腐病やウイルス病(アブラムシ)が発生しやすく、コナガ、キスジノミハムシなどの害虫の食害も多くなるため、早め早めの対策が大切。

《栽培適期表》※適期表は栽培の目安としてご利用ください。

¥425

  • 在庫切れ