江戸緑

エドミドリ   ~タキイ種苗~

美しい極濃緑の大莢! 商品性抜群の早生種!

≪特性≫
極濃緑色の大莢で商品性が高い
鮮やかな極濃緑の莢色で黄化も遅い。子実の肥大がよくボリューム感があり、市場性に富む。
●78
日タイプの白毛早生種
中間・暖地における露地栽培では、播種後78日程度で収穫できる。低段からの着莢にすぐれ、短期収穫が可能。
収量性・秀品率が高い
分枝が多く莢つきもよい。23粒莢率が高く、秀品率にもすぐれる。
家庭菜園にも最適
一般の普通エダマメよりも栽培期間が短く作りやすいため、家庭菜園用途でもおすすめ。

≪栽培のポイント≫
元肥
10a
当たり堆肥1,500kg、苦土石灰150kg、チッソ・リン酸・カリはそれぞれ成分量で58kg710kg1014kgが基準。低段からの着莢にすぐれるため、地力の弱い圃場では一般品種より元肥を23割多くして、初期から旺盛な生育を促す。
発芽をそろえる
発芽適温は2530℃。早まきではトンネルなどの被覆資材やマルチを使用し、最低地温15℃以上を確保することが目標。トンネル~露地栽培での直播栽培が望ましい。
着莢性を高める管理
開花・着莢時期には極端な乾燥を避け、適宜潅水を行って適湿を保つとともに、適温管理(2025℃)を心掛ける。10℃以下や35℃以上の管理は、着莢率の低下やクズ莢発生の原因となるので注意する。
収穫適期の判定
開花後30日が目安。莢がふくらみ、指で押さえると中のマメがとび出すようになれば収穫時期。収穫遅れは実がかたくなるので注意。

≪栽培適期表≫※適期表は栽培の目安としてご利用ください。

 

¥320

  • 在庫切れ