レッドホルン

レッドホルン   ~タキイ種苗/タキイ交配~

PMMoV-L3型耐病性! 牛角形の赤色ピーマン!

≪特性≫

果形は牛角形
完熟果の大きさは120g前後で牛角形。果肉は中厚で、縦切りの野菜スティックや適度な大きさの輪切りが多くとれ、家庭向けから業務用まで用途が豊富。
カプサンチンが豊富で食味がよい
完熟果は、ビタミンCや機能性成分のカプサンチンを豊富に含む。また、糖度が78度と高く、調理、生食どちらにも向く。未熟果は普通ピーマンよりも肉厚で、青臭みが少なくて食べやすいので、青切り出荷も可能。
極早生で着果良
熟期は極早生で初期から収量が上がる。開花後5060日で赤色の完熟果が収穫可能。着果がよく草勢はややおとなしい。
適作型と耐病性
促成、半促成、ハウス雨よけ、トンネル、露地、ハウス抑制栽培に向く。TMV(タバコモザイクウイルス)、ToMV(トマトモザイクウイルス)、PMMoV(トウガラシマイルドモットルウイルス)L3型と疫病に耐病性。

≪栽培のポイント≫
育 苗
育苗中は適湿を保ち、昼間は気温2628℃、夜間は1416℃を目安に管理する。株同士が込みあってきたら、株間を広げるなどして徒長を防止する。
本 圃
1.前作でPMMoVが多発した圃場は、高温時期(28℃以上)に定植すると抵抗性が打破され、発病する場合があるので、事前に土壌消毒でウイルス密度を下げる。
2.老化苗定植は、活着不良、草勢低下の原因となるので、定植苗は1番花開花直前苗が望ましい。畝幅150cm、株間2545cm1条植えを基本とする。

3.施肥は普通ピーマンに準ずるが、長期の作型では追肥が遅れないよう、早め早めに施す。
4.1次分枝までの側枝は取り除き、第2次分枝のうち強めの24本を主枝とした24本仕立てとする。側枝は12節で摘芯し、主枝を主体に着果させる。枝折れを防ぐため、誘引は遅れないよう行う。
5.12番果は草勢強化のため摘果を基本とし、34番果も草勢が弱めなら緑色で収穫する。開花して5060日で着色し完熟するが、わずかに緑が残る状態か、全体が着色直後に収穫すれば、その後の日もちがよい。着果過多や草勢が弱ってきた場合は、幼果を収穫する。

≪栽培適期表≫※適期表は栽培の目安としてご利用ください。

¥580

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1