フルーピーイエロー

フルーピーイエロー  ~タキイ種苗/タキイ交配~

ビタミンC・ルテインが豊富!栽培しやすい耐病性黄色パプリカ!

≪特性≫
熟果は栄養豊富で食味良
果実の大きさが120g前後の黄色パプリカ。果形はやや長めのベル型。完熟果はビタミンCやルテインを豊富に含む。糖度は67度で、果肉が厚く食味がよい。
極早生で着果良
熟期は極早生で初期収量が多い。開花後60日前後で完熟果が収穫できる。草勢は中程度、着果良好で栽培容易。
●PMMoV
耐病性
TMV
(タバコモザイクウイルス)、ToMV(トマトモザイクウイルス)およびPMMoV(トウガラシマイルドモットルウイルス、旧名TMV-P系)L3型耐病性。

≪栽培のポイント≫
育 苗
育苗中は適湿を保ち、昼間は気温2628℃、夜間は1416℃を管理目安に、徒長しないよう心掛ける。
本 圃
1) 前作でPMMoVが多発した圃場は、高温時期(28℃以上)に定植すると耐病性が打破される場合があるので、土壌消毒を行ってウイルス密度を下げてから定植する。
2) 老化苗定植では、活着不良となりやすいので、1番花開花直前苗が望ましい。植付けは畝幅150170cm1条植えとし、2本仕立てなら株間2025cm4本仕立てなら4050cmとする。
3) 元肥は10a当たりのチッソ成分量で、2025kgを目安とする。追肥は最初に着果させた果実が肥大期を迎えたころから始める。液肥の場合10a当たりのチッソ成分量1kg510日の間隔で施す。
4) 第1次分枝までの側枝は取り除き、第2次分枝の4本ないし強めの2本を主枝とする。側枝は1節で摘芯し、主枝を主体に着果させる。
5) 12番果は草勢強化のため摘果を基本とし、34番果も草勢が弱めなら、緑色のまま収穫する。開花して60日前後で着色、完熟するが、わずかに緑が残っているか、全体が着色した直後に収穫すると、その後の日もちがよい。着果が多くなり過ぎたり、草勢が弱ってきた場合は、幼果を収穫する。株の負担を軽減し、長期にわたり草勢を維持することが良品多収のポイント。

≪栽培適期表≫※適期表は栽培の目安としてご利用ください。

 

¥580

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1