エンジョイ

ハラペーニョ「エンジョイ」  ~サカタのタネ/サカタ交配~

強烈な辛み!

≪特性≫

メキシコ料理には欠かせないとうがらし。暑さに強く、真夏でもよく生育し、長期間収穫できる。果実は厚肉で25g位、濃緑色のシワのない円錐形で、きわめて強烈な辛みを持つ。

≪栽培のポイント≫

●栽培環境・土づくり

1㎡当たり苦土石灰約150g、完熟堆肥23kgとリン酸分を多めに含んだ有機配合肥料約120gが元肥の目安。植え付け間隔は、うね幅80100cm株間5060㎝。窒素肥料過多は落花の原因となり、実どまりを悪くするので注意する。

●タネまき・植えつけ

育苗箱に8cmを目安としてスジまきにし、本葉が12枚のころ4号(12cm)ポリ鉢に移植する。遅霜の心配のなくなった5月ごろ、本葉10枚ぐらいの、茎の太い節間のつまった健康な苗を選び、根鉢を崩さないようにして浅植えする。

●管理

主枝に1番花がついたら、その下から出る勢いのよい側枝2-3本を残し、3-4本仕立てにする。肥料切れのないよう、月23回を目安として追肥する。乾燥を嫌うので、夏場は水やりを多くし、敷きワラをして土壌の保湿を図る。

●病害虫・生理障害

栽培期間が長いため、いろいろな病害虫が発生するので、早めの防除が大切。とくにミナミキイロアザミウマは大きな被害をもたらすため、早期に防除する。

●収穫

果実が濃緑色、肩の直径3cm、長さ6cm、果重25gが収穫の目安。高温乾燥やとり遅れると辛味が強くなりすぎるので、やや早めの収穫の方が無難。

≪栽培適期表≫

※適期表は栽培の目安としてご利用ください。

※写真をご覧ください

 

¥400

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1