キャロル7

キャロル7
~サカタのタネ/サカタ交配~

高品質で房どりのできる省力ミニトマト

《特性》

ToMVTm-2a型)、萎凋病(F:R-1,2)に抵抗性で、ネマトーダに耐虫性、斑点病、半身萎凋病にも強い複合耐病性ミニトマト。

●花数が5080の多花性で着果性にすぐれ、しかも房の先端まで着色しても裂果、落果することなく「房どり」も可能で、収穫幅が広い。

●1果重1020g程度、果形は豊円~腰高で、果色は光沢のある鮮紅色、糖度8~10度以上で甘み強く、果皮はやわらかく食味がよい。

●草姿はごく小葉で摘葉作業が省力化でき、弱日照下でも光線が果実に十分当たるので、着色ムラがない。また、高温期でも果皮の黄ばみは少なく、とくに果色が鮮やかとなります。

《栽培のポイント》

●本種には遺伝的に異形株が10%程度発生します。異形株は、苗(播種後3040日)の時点で完全に見分けることが可能なので、この時点で除くことを徹底する。

●異形株は、以下の特徴から、判別が可能。

 ・非常に早生で、正常な苗よりも57日程度早く花芽が確認でき、花数も少ない。

 ・苗のときにわき芽の出が早く、多い。

 ・節間がつまり、葉の展開が早い。

《栽培適期表》※適期表は栽培の目安としてご利用ください。

¥400

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1