つるなしスナック2号

ツルナシスナックニゴウ 

    ~サカタのタネ~

莢色は濃緑、うどんこ病に強い、つるなし極早生品種

≪特性≫

●草丈は温暖地では7080cm、寒冷地の春まきや、暖地の秋まきハウス栽培では150cm前後になる。節間は短く、分枝は少ないが、葉色は濃い。

●莢色は濃く、ハウス栽培でも濃緑色で見栄えがよい。莢は肉厚で甘みがあり、おいしい。「グリーンピース」のように粒を肥大させて、莢ごと利用する。

●極早生で花つきがよく、下位から着花する短期多収の「スナックエンドウ」。

●エンドウ立枯病(レース1)に抵抗性、うどんこ病に強い。適応性広く、各地で栽培できる。

≪栽培のポイント≫

●気象条件と灌水

冷涼で適湿の場合、つる伸びよく、良莢多収となるが、高温乾燥では、つる伸びは不良となり、品質も低下する。ハウスで良莢を多収するには、日中の過度の高温に注意し、初期から液肥などを用いてつる伸びを促進させるようにする。

畑地でも乾燥するときは灌水の効果が大きい。

●圃場の選定と肥料

エンドウは酸性土、排水不良地には不適で、リン酸欠乏にも弱い。耕土の深い、排水のよい地力のある圃場を選び、連作は避けます。

10a当たり堆肥1,500kg以上のほか、成分で窒素10kg、リン酸15kg、カリ12kgを標準とし、リン酸は全量元肥とする。

着花が非常に早いので、生育初期から肥料を効かせるように管理する。

●栽植距離

畝幅100㎝、株間10㎝、1か所2粒まきとする。

●播種

秋まき(露地)は、寒害によって欠株を生じやすいので、本葉2枚くらいの小苗で越冬させるよう遅まきし、株元が凍らないよう防寒する。春まきは、平坦地ではできるだけ早くまいて暑くなるまでに収穫する。

●間引き

分枝がごく少ないので間引きはしない。

●支柱

ハウス栽培では150㎝前後、温暖地の露地栽培では7080㎝程度の草丈になるので、これに見合った支柱(ネットなど)を立てて、ポリテープ等で誘引する。

≪適作型≫※栽培の目安にご利用ください

※栽培方法・時期は目安です。適温でのタネまき、地域や条件に合わせた栽培をおすすめします。 

¥300

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1