沼目白瓜

ヌマメシロウリ  ~タキイ種苗~

肉厚で果形のよい中型種!浅漬と奈良漬兼用!

≪特性≫

●長野県須坂市沼目地区で栽培されていたことが名前の由来。

●果長は30cm程度。果皮は淡緑色でツヤがある。

●果形は、果梗部が細くならず、秀品率が高い。

●果肉が厚くやわらかいため、浅漬と奈良漬に常用される代表品種。

●葉は少し切れ込みがあり、つるの太さは中。全体に安定した草勢で、初期から雌花が連続して発生する。

●耐暑性にすぐれた栽培容易な早生の多収種。

≪栽培のポイント≫

●排水のよい圃場で健苗を定植し、根を深く伸ばす。

●初期は保温に努めて植え傷みを防ぎ、生育を順調に進める。

4本仕立てとした各子づるの10節前後から出る孫づるに着果させる。

●増収のためには生長点を多めに残し、肥培管理に注意して草勢を弱めないよう心掛ける。

≪栽培適期表≫ ※適期表は栽培の目安としてご利用ください。

¥320

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-5日1